畳縁専門店「TATAMI-BERI FACTORY SHOP FLAT」のOPEN

今から6年以上前、世界初ともいえる工場直営の畳縁専門店「TATAMI-BERI FACTORY SHOP FLAT」を2014年7月16日(水)にOPENしました。

以降は、OPEN当初に当社がだしたプレスリリースの一部です。

■「TATAMI-BERI FACTORY SHOPFLAT」では1000種類の畳縁を畳以外の商品へ
畳縁は、色・柄・素材も様々で「住まい方」に応じて様々なご提案ができます。
和の空間に必須となる畳のイメージを左右する畳縁は、色合いなどによって、その部屋の雰囲気をガラリと変えてしまいます。そのため、畳を新しくする際に「どんな柄、素材の畳縁を使うのか?」を選ぶ方が増えてまいりました。

そんな畳縁が、手芸用の生地、あるいはベルトや加工製品の素材として、近年人気を集めています。
弊社の営業する「TATAMI-BERI FACTORY SHOPFLAT」では、1000種類の畳縁を直接見て触れる事ができるため、畳縁を使ったモノ作りの、創作意欲・感性を刺激します。
工場直営店ならではの特徴として、自社工場のスタッフが丁寧に素材の説明をいたします。今まで畳縁の存在を意識していなかったお客様や、興味を持っていなかった方々も畳縁の魅力に惹かれる事と思います。

■時代の流れと共に、より品質の高い畳縁を提供
倉敷周辺は、江戸時代の初期より干拓と新田開発が進められてきました。中でも児島地区では、沿岸部の干拓地として塩分に強い綿が栽培され、繊維のまちとして発展をとげた歴史があります。
弊社は、昭和の初期より畳縁の製造を営み、戦後の高度経済成長に伴い、畳の需要増加と共に成長してまいりました。
1960年代にはジャガード織機で綿の無地布にポリエチレン糸で柄出し加工を行うなど、独自の製法を開発し、常にその時代ごとに最先端の織機を開発導入しています。
現在では、電子的に制御されたジャカード織機を取り入れ、機械化は進んでいますが、織りにこだわる精神は創業時のまま、伝統を守り続けながら、新しい時代に合わせた畳縁を生み出しています。

■ショップでしか買えない限定の「畳縁」商品
「TATAMI-BERI FACTORY SHOP FLAT」では、色・素材など、カタログには掲載されていない商品を販売いたします。
工場直営店のメリットを活かして、オリジナルの財布や小物などを定期的にリリース。お店でしか買うことのできない、その場限りの一点物も販売します。

OPENから6年が過ぎ、畳縁の認知度も大きく向上し畳縁を利用して作品を作られる方々も多くなりました。
畳縁の全国生産80%を占める倉敷市において、畳縁は重要な地域資源と言えます。
この畳縁を世界に通用し認知されるよう商品開発を行っていくとともに、OPEN当初の思いを持ちながらFLATを運営していきます。